車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック
車査定業者がみる査定のポイント
改造・オプション

車査定業者が査定を行う際、その車が改造されているかどうかということも大事なチェックポイントになります。

査定の際は、所有者が莫大な費用と手間をかけて改造を行なっていたとしても、実際に販売する時に改造車は買い手が付きにくいということで、改造=プラス査定となることはあまりないようです。

プラスにならないどころか、改造していることで査定額が下がってしまうこともあります。

特に外観に関する改造を行なっていると、その車の印象に直結しますので、あまり個性的な改造はマイナスとされてしまうでしょう。

残念なことに、同じ車種で同じ状態の車が二台あったとして、一つは改造している車、一つは改造してない車であれば、「改造していない車」の方が査定額が高くなることがほとんどでしょう。

仮に違法改造をしている車であった場合は、正規に店頭に並べることができないので、査定額がつかない上に買取り自体も拒否されてしまいます。

そういった理由から、査定に出す前には、改造している部分はできるだけ元に戻しておくというのも得策かもしれません。

ただし、「エアロパーツ」や「アルミホイール」の改造に関しては、査定額が高くなる場合もあります。

また、改造車を専門に取り扱っている業者もありますので、一般的な車査定業者に査定を依頼し、思ったような査定額が得られない場合には、改造車を専門に扱っている業者を探してみるのもひとつの手であるといえます。

また、個性的な改造パーツは車から外して、オークションなどで個別に売却することで思わぬ高価格が付くこともあるかもしれません。

Copyright (C) 車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック All Rights Reserved