車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック
車査定業者がみる査定のポイント
付属品の有無

車査定業者が査定を行う際に、その車の付属品の有無も査定のポイントになります。

車の付属品とは、「スペアキー」「エアバック」「カーナビ」「スピーカー」「扱説明書」「フロアマット」「バイザー」などになります。

付属品といいまして、車の購入時に一緒に付いてくるものだけでなく、別途料金で購入しているものも含まれています。

具体的には、車が製造された時点で標準仕様として装着されている「メーカーオプション」と呼ばれるものと、車が製造された後に別途装着をされた「ディーラーオプション」と呼ばれる二種類に分けられます。

「メーカーオプション」は標準仕様になるので、後からの取替えなどはできません。

一方、「ディーラーオプション」は車は購入した後からでも、購入、取替えを行うことができます。

一般的に付いているのが当たり前となっている「フロアマット」も最初から付いてくるものではなく、後から付け足している「ディラーオプション」であることがほとんどです。

そして、査定の際は、後から取替えのできない「メーカーオプション」がそのまま残っていると、査定額は当然プラスになります。

また、「ディーラーオプション」であっても個人では取替えや取り付けの難しい付属品であれば、査定額でプラスとされる場合があります。

特にその車のメーカー純正の付属品であるどうかというのが、重要視されているようです。

いずれにしろ、査定を行う前には、使用していない付属品があれば全て揃えてから査定を行うのが良いでしょう。

Copyright (C) 車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック All Rights Reserved