車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック
車査定業者がみる査定のポイント
事故車であるか

事故を起こしてしまった車は、一般的に「事故車」と呼ばれています。

ですが、単に「事故を起こした」ということだけで、「事故車」と呼ばれるわけではありません。

事故車と呼ばれるものには、ちゃんと定義があります。

それは「自動車の骨格にあたる部分が修復、または交換されたことがあるかどうか」ということです。

つまり、事故を起こしてしまったからといって、骨格部分までの損傷はなく、カスリ傷程度のものであった場合、その車は「事故車」には当たらないのです。

そして、自動車の骨格あたる部分の修復等を行った場合には、車検証に「修復歴あり」という記載がなされ、その車は「事故車」もしくは「修復歴車」に当たることとなります。

それでは、骨格にあたる部分というのは具体的にどの部分かといいますと、「フレーム」「クロスメンバー」「フロア」「インサイドパネル」「トランクフロア」「ピラー」「ダッシュパネル」「ラジエータコアサポート」の9箇所になります。

車種よって異なる部分もありますが、上記の9箇所のいずれかを損傷や修復した場合には、骨格部分の「修復歴あり」ということになってしまいます。

車の査定を行う際に、修復歴のある車はその損傷の度合いにより査定額が減額されてしまいます。

事故車であるかどうかというのは、車を購入する側からすれば必ずチェックする項目なので、当然、車査定業者も事故車かどうか入念にチェックを行います。

査定に出す車が事故車だった場合、それを隠すことなく、事前に申告する方が良いでしょう。

Copyright (C) 車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック All Rights Reserved