車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック
車査定業者がみる査定のポイント
キズや修復歴

査定を行う車に、キズや修復歴があった場合は減額の対象となります。

車の統一基準として、車の骨格となる部分にキズや損傷がある場合、またその部分に修復や交換した形跡があった場合には、その車は「修復歴車」に分類され、修復歴車はそうでない車に比べて査定額で大きく減額をされてしまいます。

また、「修復歴車」に当たらない範囲でも、キズや修復した跡がある車は、その程度によって減額されてしまいます。

キズができるだけ少なく修復の跡もない、キレイな車に乗りたいと思うのは、乗り手の心情としては当然のことであり、車を査定する業者も状態が良くない車に高い査定額を提示することはありません。

ですが、査定額の減額を恐れてキズや修復歴があることを隠し、事前に申告しないと、その「隠していた」という事実が査定額に影響することがあります。

車の査定を行うのは機械ではなく、人間がひとつひとつチェックしていくものであり、最終的な査定結果を出すのも人間です。見えにくい場所にあるキズや修復したことをバレないと思い隠していると、バレてしまった時に査定をしている人が不信感を持ち、それが少なからず査定額の減額につながってしまうということは大いにありえることです。

査定を行うのはプロの査定士ですので、素人目には分からないようなキズや修復の跡、外目からは見えない骨格部分の異常もすぐにわかります。キズや修復歴で減額されるのは仕方のないことなので、減額の要因であっても正直に申告することが最良です。

Copyright (C) 車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック All Rights Reserved