車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック
車査定業者がみる査定のポイント
走行距離

車査定業者がその車の買取り価格を査定する際に、車種と同じく重要視されているポイントは、車の走行距離です。

車に限ったことではありませんが、物は使えば使うほど劣化は進み、その性能と寿命に大きく影響を与えることとなります。車を買取った業者も、人気の車種であったとしても走行距離が過分にあり、車の寿命が短いのがわかっているのであれば、高い価格で買い取ろうとは思わないでしょう。

例えば、同じ製造年の同じ車種の車が二台あったとして、製造から一年経った時点で一台は10,000キロの走行距離、一台は20,000キロの走行距離だったします。その場合、走行距離10,000キロの車に比べて走行距離20,000キロの車は、10万円以上も買取り価格が下がってしまうといったこともあります。

それほど、車査定業者は走行距離を重要視しているということになります。

ただし、長距離を走ることを前提としているトラックや、耐久性の高い車種などでは、走行距離での買取り価格の差が多少縮まる場合もあります。その車種や車の使用目的によって、車査定業者が重要視するポイントも異なってくるということです。

車査定業者がみる走行距離の基準としては、軽自動車であれば一年間で8,000キロ以上走っているかどうか、普通車あれば一年間で10,000キロ以上走っているかどうかが基準となっています。この基準以上の走行距離を超えれば超えるほど、車の査定額もどんどんマイナスになっていきます。

また、車の製造年に対して、極端に走行距離が少ないものは、車の性能や動作などになにか問題があるのかと勘ぐられてしまい、査定額もマイナスにされることがあるようです。

Copyright (C) 車査定業者の査定ポイント 車査定の前に査定ポイントをチェック All Rights Reserved